農園

苗の植え付け

先日の晴れたお休みに届いた苗を植えました。
掘ってもらった穴に、ポット苗を入れ、土を被せるだけの作業ですが、久しぶりの外仕事でヘトヘトに。
それでも達成感は満載でした。

うまく根っこが土と馴染んで、無事につくことを願って。

翌日雨が降りました。
ちょうど良かったです。

苗が届きました。

この苗が実をつけるようになるのにこれから3〜4年かかります。

まず根を張って、幹が伸び、枝が出て葉が繁りだんだんと木が成長します。
それから、花が咲きはじめます。
始めはほんの数輪だけ、少しづつ花芽が増えていき、成木になるのは7年〜10年ほどかかるでしょうか?

気が遠くなる気もしますが、コーヒーの木もりんごの木も果樹はみんな同じですね。
実をつけるって大変なことなんだな、と改めて思いました。
この夏のブラジルのコーヒー産地を襲った凍霜害は他人事ではありません。
回復には4〜5年を要するとのこと。。。

やっと届いた苗たちをCLÉCYの畑もこの冬に定植をします。
スタートを切りました。

この道の先に

オープンの時からずっと、コーヒーに合う美味しいおつまみが欲しいと思っていました。
好きなお菓子を仕入れる?お菓子屋さんに作ってもらう?甘いものがいいのか、もしくはしょっぱいものがいいのか?おつまみみたいに缶詰がいい?などなど色々考えたり、試したりしてきましたが、なかなかコレ!!という物に出会えずにいました。

CLÉCYのパートナーが栽培しているりんごや果物にも目を向けましたが、果物は季節ものなうえ、そのままではなかなかコーヒーに合いません。
ドライにしてもコレいい!と思えず。。。

でも、とうとう出会えました!!
この春から少しづつ畑をならし植え付けの準備をしてきました。もうすぐ苗が届きます。
栽培がうまくいくかわかりませんが、美味しいことは間違いないのです。

植物は一年一年ゆっくり育ちます。お店に登場するのは最低でも3年先になってしまうと思います。
それに合わせてゆっくりブログでお知らせしていければと思います。
この道の先に「CLÉCYの美味しい」が誕生する様子を見守っていただけたら幸いです。

りんごの収穫が近づいてきました

赤いリンゴジュースの原料となる『ジェネバ』の収穫が近づいてきました。
カナダ原産の果肉の赤いりんごで、絞ると果汁も赤いので、赤いリンゴジュースとなります。
とても酸っぱいので、飲みやすくするためにブレンドしています。
いつもブレンドに使っていた奈良時代にはあったと言われる、日本古来のりんご『和りんご』を使っていましたが、今年は春の霜の害で結実が少なく、もう一種類他のりんごをブレンドするかもしれません。

お楽しみに!

りんごジュース5種類になりました

シナノゴールドのりんごジュースができました。
甘いですが、甘さ控えめで、スッキリと飲みやすいです。

食べた時ほど酸味を感じませんが、甘い系のりんごジュースでは一番喉越し爽やかです。

これでりんごジュースが5種類になりました。
甘い系3種類
 シナノゴールド 
 サンふじ
 シナノスイート  各750円(税込価格810円)

酸っぱい系2種類
 ジェネバ&和りんご 850円(税込918円)
 バージニアクラブ 1250円(税込1350円)

3本お買い上げいただくと、オリジナルの手提げ用ダンボールにお入れします!
店頭に見本を置いていますので、よかったら見にいらしてください。

紅葉狩り

周りを見渡すと、遠くの山だけでなく、近くの畑の木々もだいぶ色ついてきました。
まだまだ収穫が続き、畑も忙しいので紅葉狩りにはいけませんが、身近に素敵な景色がありました。

シードルの原料として栽培しているバージニアクラブの畑です。
試行錯誤して苗木から作り育てたリンゴが、やっと一人前の収穫量となったので、今年は特別にCLÉCYでもりんごジュースにしました。
店頭に並んでいます!

甘くて、酸っぱくて、りんごの味がしっかりとして、少し濁った果汁です。

ヴァージニアクラブのりんごジュース

ジェネバ&和りんごのりんごジュースに続き、ヴァージニアクラブのりんごジュースができました!

このヴァージニアクラブというリンゴは、最近日本でもシードルの原料として大注目のりんごです。
CLÉCYのリンゴ園では8年前から接木を繰り返し、失敗もしながら苗を一から作り続け、とうとう十分に収穫ができるようになりました。そんなヴァージニア100%のりんごジュースは日本で初めて!と思われます。

このジュースの特徴は糖度がとても高いので、その甘さに負けない酸味と後味に残る程よい収斂味を生かしたところです!

アメリカ・ヴァージニア州原産で、300年以上の歴史があります。
果実はとても小さく、果汁は甘酸っぱいですが、果皮に強い渋味があります。そのためジュースは糖度と酸が高く、適度な渋みもあります。
りんごそのものは食べても美味しいのですが、ヴァージニアでは伝統的な地元の品種としてシードル醸造に使用しています。アメリカの第3代大統領トーマスジェファーソンのお気に入りとしても有名で、私有のプランテーションで特別に栽培していました。

写真は畑に残っていたヴァージニアの実と、ヴァージニアのジュースです(左側)。
右側はサンふじのジュースです。

木いちごソースの在庫が少なくなりました

今年の木いちごソースがあと1つとなりました。
迷っている方がいたらあと1つですが、お早めにどうぞ!

そんな木いちごですが、秋なりの木いちごが赤くなり始めました。
収穫リ・スタートです。
秋の収穫が終わったらジャムにできればいいのですが、実りの秋は加工所も忙しいので、いつになるかな?

共通点は色だけですが。。。コーヒーの実も赤いです。
今日は「木いちごに合うコーヒーは何かな?」なんて考えながら収穫しました。

赤いりんごジュース

夏祭り後の定休日はりんごの収穫をしました。
赤いりんごジュースの原料になるりんご2種類です。
写真のりんごはテーブルの上に3個飾っています。

今年は暑いので、去年より少し早い収穫となりました。

ジュースになって店頭に並ぶのが楽しみです!

ぶどうの花が満開です

突然ですが、ぶどうの花を見たことありますか?
今、ちょうど満開になっています。

ぶどうは花が咲くと待った無しで作業が忙しくなりますが、季節が進んでいることを実感します。

畑の休憩用に水出しコーヒーを作ろうかな?と思いながら、お休みの日は畑に行く日が続きます。

ニカラグアの浅煎りと深煎りの豆が終了しました(ドリップパックはあります)。
中煎りの豆はあと少しあります。 Continue reading