商品紹介

アイスコーヒー終了しました

夏限定で販売しているリキッドタイプのアイスコーヒー(1Lパック)の今年の販売は終了しました。
また来年の5月頃、暑くなる前にご用意できたらと思います。
よろしくお願いします。

その名もヴィーナス

イタリア老舗ブランドビアレッティ社の直火式エスプレッソメーカーです。
4カップタイプで素材はステンレス。
スタイリッシュなデザインです。

アルミのマキネッタはヒゲおじさんがパッと目につきレトロ感満載で可愛いのですが、このヴィーナスもさりげなくヒゲおじさんが描かれています。

どちらもHIでは利用できませんので、お買い上げの際は気をつけてください。

エスプレッソブラシに仲間が加わりました

ドイツの老舗ブラシメーカー、レデッカーのエスプレッソ用ブラシです。
革紐でぶら下げられるようになっています。
ミル掃除がますます楽しくなる一品です!

カリタのエスプレッソ用ブラシもあります。サイズや色味、デザインが異なるので、お好きな方をお選びください。

ケトル入荷しました。

日本のプロダクトメーカーの琺瑯のケトルです。
湯が切れやすい湯口と内側が洗いやすいようにと開口部のサイズが大きいです。
蓋の持ち手と取手が木製です。持ち手は倒れないようにできています。

ミルクパンやドリップ用ポットも同じシルエットで思わず揃えたくなります。

深煎り豆にも秋がきました

アイスコーヒーにしても美味しいエチオピアの深煎りが終了しました。
アイスブレンドも終了しました。

ホットコーヒーが美味しい季節になってきました。
タンザニア キボー(AA)の深煎りを始めました。

苦いけど、すっきりしていて美味しいです。

東ティモール始めました

限定豆のバトンを受け継いだのは、アジアのお豆「東ティモール」です。

東ティモールはインドネシアの真横、オーストラリアの上部に位置しています。
人口は110万人ほど、面積は四国よりも少し小さく、サンゴ礁に囲まれています。
2002年にインドネシアから独立を果たした、新しい国です。
国土の60%が山岳地帯、年間2500~3000mmの雨が降るため、コーヒー栽培に適しています。
栽培の歴史は16世紀にコーヒーが持ち込まれ、プランテーション栽培で栄えましたが、1975年インドネシアに併合された後は放置されてしまいました。その間、経済的事情により農薬や化学肥料を使わない無農薬栽培が続いていたため、現在東ティモールの豆はオーガニックとなっています。この東ティモールサンテモンテも現地有機JAS認証を受けています。
サンテモンテは国内最高峰のラウメラ山を望む地域で生産されていることから「ティモール サンテモンテ(聖なる山)」と名付けられたそうです。

2000年頃から栽培・精製の技術指導を受け、生産者の品質管理に対する意識が高まりコーヒーの質は向上しています。その品質の高さは特にアメリカで評価され、アメリカで人気のコーヒーとなっています。

苦味系のお豆です。独特の味とほろ苦さを持っています。ミルクやお砂糖を入れて飲むのにも向いています。

浅煎り、中煎り、深煎りと3種類ご用意しています。是非、この機会にお試しください!

エルサルバドル終了しました

限定のエルサルバドルは終了しました。
ありがとうございます。

届くはずの日に届かなくて、ドキドキした次の限定豆も今日無事に届きました。
運送会社さんの都合で届けられなかったようです。何事もなくてよかったです。

今日から準備をするので、週末には店頭に並べられると思います。
お楽しみに!

新しいジュースが仲間入りです

こちらピンク色のりんごジュースは爽やかな食味の夏のりんご「シナノレッド」と果肉も果汁も赤い「ジェネバ」を混ぜました。

ジェネバの酸味がいいアシストをしていて、シナノレッドの甘みが濃厚に出ています。
色もとても可愛いピンクです。
ピンク色なのでシナノピンクではありませんよ!

価格は1本900円+税です。

写真の手前にあるのがシナノレッドです(赤いジュースの前のりんごは和りんごです)。

赤いりんごジュースできました

お盆に台風が来たりしましたが、無事に収穫となり、ジュースとなってやってきました。
酸っぱくて真っ赤なりんごジュースです。

カナダの果肉も赤いジェネバと奈良時代に日本に渡来したと言われる和りんごを混ぜています。

(加工代がかなり上がったため、販売価格を上げました。900円+税です)