商品紹介

夏休みのお知らせ

8月16日(月)〜19日(木)の4日間、お休みします。
第3週なので、水曜日と合わせて月・火曜日もお休みします。

よろしくお願いします。

リンゴジュースのサンふじは終了しました。
今年は春先の凍霜害の影響で実がほとんどありませんでしたが、先週、雹が降り、残り少ない果実にさらに雹が当たりました。気温の高い季節となり、どのような影響が出るか様子見ですので、今年のリンゴジュースは何がどのくらい作れるか見通しが難しくなっています。

限定豆ミャンマー始めました

2018年にも一度、限定豆で登場しましたが、その時は浅煎り、中煎りのみでした。
今回は深煎りも焙煎します。

ミャンマーは東南アジアで美味しいコーヒーができる新しい産地として注目を浴びています。
今回はそんなミャンマーの中でも土壌の豊かなシャン州で最大級の生産量を誇る地区にあるGenius Shan Highlands Coffeeのお豆です。

Genius Shan Highlands Coffeeは品質向上のため、農家への技術指導や苗木・資材等の提供、環境に配慮した栽培手法や精製方法の導入にも取り組んでいます。2018年に地域最大の精選場をオープンし、ユニークな発酵方法や比重選別機の導入など、品質向上への挑戦を続けています。
ナチュラル製法のお豆です。
カップ評価はフルーティな酸味と滑らかなボディ、クリーンな後味とされています。
 

限定豆ザンビアは残り少なくなりました。

期間限定のザンビアが残り少なくなってきました。まだの方、リピートしたい方はお早めに!

CLÉCY4周年記念イベントの周年記念マグカップの抽選券お渡しも引き続き行っています。
抽選券配布が終わりましたら、今までの周年記念マグカップに並んで販売もスタートします。

限定豆ザンビア始めました

今回はアフリカのお豆です。

アフリカ中南部の内陸にあるザンビア共和国のお豆です。
1980年代に世界銀行の投資プロジェクトにより、コーヒーの生産事業が開始されました。コーヒー栽培の歴史は浅いですが、雄大な自然が創り出す地形や水源、肥沃な火山灰土壌に恵まれ、品質の良いコーヒーを生産しています。

ザンビアは限定豆として2度目の登場ですが、今回はザンビア北部のNCCL農園のお豆です。
この農園では働きやすい環境を整え、ザンビア初の女性のトラクター運転手を育成し雇用するなど女性の社会進出にも力を入れています。また、契約栽培農家へのサポートも積極的に行い地域と一体になった農場運営をすることによって地域の雇用を生み、それと共にインフラ整備や社会貢献に力を入れています。2016年にはレインフォレストアライアンスの認証を受けました。

アフリカならではの深いコク、甘さと、控えめながらしっかりとした品のいい酸味があります。
浅煎り、中煎り、深煎りをご用意しています。

新しいドリップポット入荷しました

三角形の湯口が特徴のドリップケトル。
ハンドルの形状も持ちやすく、軽く傾けるだけで、お湯が出る絶妙なバランスになっています。
コーヒードリップをする際に湯量の調整がしやすいです。

白い琺瑯と木製の持ち手のフォルムがかわいいKaicoシリーズのドリップケトルです。

ホンジュラス始めました。

南米のペルーの次は中米のホンジュラス共和国のお豆です。
あまり馴染みのない国かな?と思いますがコーヒーの生産量は世界第6位です。
今回のホンジュラスは古代マヤ文明で栄えたホンジュラス西部、サンタ・ロサのお豆です。
レインフォレストアライアンス認証を受けており、脱穀以降の品質管理も徹底され、高品質の豆を生産しています。
優雅な香りとフルーティな風味を持つお豆は、焙煎によってしっかりした苦味とコクも出ます。
浅煎りから深煎りまで、どの焙煎でもあまり癖がなくスッキリした酸味で後味が爽やかな印象です。

エチオピアイルガチェフ深煎り始めました。

エチオピア・イルガチェフはフルーティな酸味が特徴のお豆です。
その酸味を生かすために浅煎りが多いのですが、深煎りもとても美味しいです。
アイスコーヒーにするのオススメめなので、アイスコーヒーの声が聞こえてくる初夏から晩夏、初秋の頃まで深煎りをご用意しています。
今年も始めました。

イルガチェフの深煎りをブレンドしたアイスコーヒーブレンドもスタートしました。
オーダーごとにブレンドしているので少しお時間いただきます。