Year: 2021

年内営業します

第5水曜日と木曜日ですが、時間を変更して営業しています。
29日(水)10時〜16時
30日(木)10時〜16時
31日(金)10時〜15時

年明けは1月3日から通常営業(12時〜19時)です。

メリークリスマス

クリスマスイブとクリスマス限定のスタンプです。
「CLÉCYにサンタがやって来る」です。

苗の植え付け

先日の晴れたお休みに届いた苗を植えました。
掘ってもらった穴に、ポット苗を入れ、土を被せるだけの作業ですが、久しぶりの外仕事でヘトヘトに。
それでも達成感は満載でした。

うまく根っこが土と馴染んで、無事につくことを願って。

翌日雨が降りました。
ちょうど良かったです。

ウガンダ始めます。

カメルーンが終わり、次の期間限定豆はウガンダです。
2018年以来、2度目の登場です。
ウガンダはナイル川の源流となるビクトリア湖に接するなど、雄大な自然があり「アフリカの真珠」と呼ばれています。

今回はケニアに近い西部ルウェンゾリ山(5,019m)の麗カセッセ地区のお豆です。
ウガンダではもともと土着の農民がコーヒーを生産していたこともあり、主な生産者は小規模農家です。
買付業者が生産農家から直接買い付ける際にコーヒーチェリーをその場で検査することによって、品質の改善がされてきました。

酸味はそこまで強くありませんが、しっかりしたコクがあり、雑味がなくクリアな味わいです。全体に口当たりがよくまろやかなコーヒーをお楽しみください。

苗が届きました。

この苗が実をつけるようになるのにこれから3〜4年かかります。

まず根を張って、幹が伸び、枝が出て葉が繁りだんだんと木が成長します。
それから、花が咲きはじめます。
始めはほんの数輪だけ、少しづつ花芽が増えていき、成木になるのは7年〜10年ほどかかるでしょうか?

気が遠くなる気もしますが、コーヒーの木もりんごの木も果樹はみんな同じですね。
実をつけるって大変なことなんだな、と改めて思いました。
この夏のブラジルのコーヒー産地を襲った凍霜害は他人事ではありません。
回復には4〜5年を要するとのこと。。。

やっと届いた苗たちをCLÉCYの畑もこの冬に定植をします。
スタートを切りました。

コーヒースケールも入荷しました。

こちらもTIMEMORE社のスケールです。
少し操作を覚えるコツが要りますが、時間を計りながら重さも量れます。

表面は滑り止めと防水のためにシリコンマットがついています。

こちらは商品の開封をしていません。
検討していただいて欲しい方はぜひ!
BLACK MIRROR BASIC+(ブラックミラーベーシックプラス)
(取扱説明書付き)

新しいミルが入荷しました。

TIMEMORE社のコーヒーグラインダーC2です。

組み立て式の握って挽くタイプですが、ハンドルにベアリングが内蔵されているので、回り始めるととてもスムーズに回ります。
粗挽きから細挽きまで約36段階の調節が可能です。またステンレス素材の臼刃で均一の粗さに挽くことができます。
外観も金属アルミで重厚感があります。

布ケースと掃除用のブラシ付です。

箱のままおいてあります。ご覧になりたい方はお声をおかけください。

footer-calendar

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30  

12月になりました

スタンプが変わります。
定番のクリスマスオーナメントスタンプです。

期間限定のカメルーンもそろそろ終わります。
まだの方、リピートしたい方はお早めにどうぞ。